あきゅらいず【玉粉肌】口コミから分かるメリットとデメリット

あきゅらいずの玉粉肌について

あきゅらいず玉粉肌(たまごはだ)は、トウモロコシやお米を使用したフェイスパウダーです。

 

 

あきゅらいずは、健やかな素肌を意識した商品が多く、この玉粉肌もお肌の負担とならないような原材料を使用しているそうです。

 

お肌に良さそうなのはなんとなく分かるのですが、実際に玉粉肌を使っている人の口コミが気になってきたりしますよね。

 

肌への良さも大切ですが、パウダーとしての実用性についても確認しておきたいのが消費者というものではないでしょうか?

 

そこで、あきゅらいず・玉粉肌の口コミを調べ、そこからメリットとデメリットを導き出してみることにしました。

 

あきゅらいず たまごはだの口コミ

 

悪い口コミ まとめ

 

 

肌に良さそうな食品でできていると知って使ってみました。

 

カバー力が無いので、シミなどが隠せません。

 

また、試験管の様な容器が使いづらいですね。

 

その上、値段も高いので良いところがありませんでした。

 

 

ファンデーションはお肌に良くないなーと思い、玉粉肌で脱ファンデしてみました。

 

ワクワクして塗りましたが、どうも乾燥は防げてない感じです。

 

秀くりーむと混ぜてからぬるとしっとりは長持ちしますが。

 

あと、シミが気になる方はコンシーラーを追加した方がいいと思います。

 

(玉粉肌ではシミは隠せません。)

 

インターネットで口コミを調べてみた所、玉粉肌の悪い口コミは全体の14%程に見られました。

 

悪評のポイントとしては、

 

  • カバー力が無い(シミが隠れない)
  • 試験管の様な容器で、粉が出しづらい(使いづらい)
  • 玉粉肌だけだと乾燥する

 

この3点が挙げられると思います。

 

玉粉肌は、肌への刺激が少ない、肌に良い、というイメージから使い始める方が大半ですが、実際に使ってみると上に挙げたようなデメリットが感じられる場合もあるようですね。

 

朝のお手入れ時などに粉が出しづらかったりすると、ちょっと大変そうな感じもします。

 

良い口コミ まとめ

 

 

玉粉肌は、もう手放せなくなりました!

 

もともとは外出しない日用として買ったのですが、玉粉肌を使っているとお肌がずっとサラサラなんです。

 

ファンデーションは皮脂と混ざってよれる、毛穴落ちする、べとつくを繰り返していた私にとって玉粉肌は突然現れた救世主のよう!

 

今ではファンデーションをやめ、玉粉肌だけでも外出できます。

 

クレンジングもやめたので、肌の調子もぐんと良くなりました!

 

 

今まで使っていたメイクが突然合わなくなり、何を使ってもかゆくなるというアクシデントに遭遇しました(涙)

 

そこで、いろいろ調べて、自然派のあきゅらいず・玉粉肌にしてみました。

 

恐る恐る使ってみたら、かゆみを感じないことにまず感動!

 

口の周りなど乾燥するところは、秀くりーむを多めにぬると目立たなくなります。

 

カバー力はないですが、皮脂を吸収してくれるのか、テカリはほとんど感じなくなりました。

 

キレイな素肌感がとても気に入っています。

 

 

 

つけていると肌の調子が良いと感じるパウダーです。

 

玉粉肌を使うと毛穴がどこかへ消えてしまう感じです。

 

なので、「肌がキレイ」と褒められることが多くなりました。

 

Tゾーンがオイリーで、目元は乾燥しているという混合肌ですが、玉粉肌が皮脂を吸ってくれるし、保湿もしてくれるというすごい役割をしてくれてます。

 

玉粉肌の良い口コミから見えてきたメリットとしては

 

  • 肌のサラサラ・すべすべ感が持続する
  • 毛穴が隠れる
  • 保湿もしてくれる

 

この様な点が挙げられます。

 

特に、肌のサラサラ、すべすべ感をメリットとして挙げている方が多く、「陶器の様な質感になる」と言っている方もいらっしゃいました。

 

玉粉肌はお肌の保湿にも配慮した商品で、食品由来のデンプンがお肌の水分を保ってくれるそうです。

 

ただ、乾燥の進み具合は人によって違う為、もっと潤いが欲しい場合は「秀くりーむ」を多めに塗っているという方もいらっしゃいました。

 

口コミから判断すると、玉粉肌はカバー力にはあまり期待はできなさそうですが、皮脂・テカりや毛穴対策には効果的な商品ということが言えると思います。

 

また、ファンデーションから玉粉肌に変える事でお肌の負担が減り、お肌が元気になってくるという側面も見逃せないポイントかと思います。

 

 

「使いづらい」という声は、悪い口コミ、良い口コミ両方に見られましたが、メーカーによると「合成防腐剤」を使用していない為、できるだけ空気に触れないように試験管のような容器にしているのだそうです。

 

お肌に良いモノを使う為には、こういった容器の形状には妥協が必要なのかもしれません。

 

 

お肌のトラブルを隠してくれるファンデーションですが、使用中もクレンジングも肌への負担となっている事が多いのだそうです。

 

そのことに気が付いている人から「ノーファンデ・脱ファンデ」の波が広がっているようですね。

 

お肌も大切なカラダの一部。

 

健やかな素肌を目指したいな、とお考えの方は、あきゅらいずの玉粉肌からすっぴんへの道を模索してみてはいかがでしょうか?

 

いきなりすっぴんはムリでも、ノーファンデの軽さを感じる事ができるかもしれませんし、すはだを楽しむナチュラルメイクの良さを感じられるかもしれません。

 

玉粉肌にはお試しサイズの販売はありませんが、初めての使用で肌に合わない場合は返品もできます。

 

安心して現品購入してみて下さい。

 

あきゅらいず・玉粉肌 全成分

オクテニルコハク酸デンプンAl、コーンスターチ、コメデンプン、結晶セルロース、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、シルク、オリーブ果実油、コメヌカ油、ホホバ種子油、トコフェロール、BG、水、ラウリン酸ポリグリセリル−10、カプリル酸グリセリル、水酸化Al、酸化チタン、酸化鉄

 

あきゅらいず きほんのセレクトの口コミ