あきゅらいずの送料(お試し&通販&定期便)についてのまとめ

あきゅらいずの送料について

あきゅらいずはすっぴん美人ユーザーを多く輩出しているスキンケアメーカーです。

 

 

口コミでは、靴やファッション系通販の同梱チラシで「あきゅらいずの存在を知った」という方も多いようですね。

 

あきゅらいずの販売店舗が現在1つである為、ほとんどの方が通信販売で購入しているようです。

 

 そこで気になってくるのが、あきゅらいずの「送料」ではないでしょうか?

 

消費者としては、送料無料が一番嬉しいのですが、あきゅらいずの通販はどのようになっているのでしょうか?

 

早速調べてみました!

 

あきゅらいず お試しの送料

 

あきゅらいずには、きほんのセレクト(泡石・優すくらぶ・秀くりーむ)が4日分お試しできる「お試し詰め合わせ」があります。

 

 このお試しセットは送料無料です。

 

▼お試し詰め合わせの広告 (公式サイトより抜粋)

 

お試し詰め合わせは、送料だけでなく、代引き手数料も無料となっていますね。

 

代引きは、宅配便の受け取り時に、配達員さんにお支払いをする方法です。

 

現金の他、クレジットカード 又は デビットカードでの支払いも可能だそうです。

 

お試し詰め合わせは通常2,571円のところ、約47%OFFの1,380円(税込)となっているのでかなりお得感がありますよね。

 

さらに、万が一肌に合わなかった時には返金されるという「返金保証」もついています。

 

お得と安心がついてくるので、気軽にお試ししてみると良いのではないかと思います。

 

 

あきゅらいず 定期便の送料

 

あきゅらいずには、お好みの商品が指定した間隔(20日〜60日)で届く「定期便」サービスがあります。

 

毎日使うスキンケアは、無くなる頃に自動で届くと便利ですよね。

 

また、定期便にしておくと商品価格が割引になるのも大きなメリットです。

 

あきゅらいずの定期便では、

一回の購入金額が税込みで5,000円以上の場合 → 無料となり、

 

5,000円未満(4,999円)の場合は → 648円(税込)の送料がかかるそうです。

 

 

▼公式サイトにもこんな感じで出ています

 

 

メジャーな商品でみてみると、泡石せっけん(小:1,430円 大:3,500円)、秀くりーむ(小:3,938円)を単品で定期購入する場合に、648円の送料がかかりますね。

 

あきゅらいず 通常購入の送料

 

あきゅらいずの商品を定期便ではなく、その都度購入した場合も定期便と同じ送料(5,000円未満の場合648円)がかかります。

 

1つが5,000円未満の泡石や秀くりーむは、まとめ買いをしておくと送料の節約になりますね。

 

いつでも送料無料になる方法?!

 

あきゅらいずの送料について調べていた所、お買い物金額に関わらず「いつでも送料無料」になる方法を発見しました。

 

その方法とは、

「あきゅらいず商品を累計50,001円以上購入する」 事です。

 

 

あきゅらいずでは、お買い物金額の累計によって、あきゅ森会員のランクがあるようでして、累計購入金額が5万1円から「いつでも送料無料」の特典がついてくるみたいなんです。

 

▼あきゅらいずのステージ表

 

計算してみると、あきゅらいずのきほんのセレクト(泡石・優すくらぶ・秀くりーむ)で毎月お手入れをしている方は、6か月目から送料無料になりますね。

 

累計額が上がってステージが上がると、送料以外にもポイント還元率などのメリットがあるようなので、あきゅらいずを続ける楽しみは増えていきそうですよね。

 

お買い物でたまったポイントは、送料として充てる事もでき、あきゅらいず製品やおしゃれグッズと交換も可能だそうです。

 

 

以上、あきゅらいずの送料についてお買い物のタイプ別にご紹介してきました。

 

購入するアイテムの金額によっては、648円の送料が必要になってくる点に注意が必要ですね。

 

この648円の送料は日本全国一律の金額ですので、離島にお住まいの方も追加料金なしで利用できるそうです。

 

また、あきゅらいずでは「宅配便」でのお届けとなり、15時までの注文で翌日出荷されるそうです。

 

到着日はお住まいの地域によって変わり、日曜日と祝日の出荷はお休みとなるようです。

 

▼お届け日の目安

 

648円の送料は高い印象がありますが、翌日出荷され宅配便で届くので、メール便などに比べると早く受けとれるのではないかと思います。

 

ご注文を済ませたら、あとはワクワクしながら到着を待ちましょう♪

 

 

あきゅらいずの口コミ すっぴんは本当に可能?