「あきゅらいず」ってどういう意味?すっぴんケア 社名の由来

あきゅらいず 社名の意味について

あきゅらいずは、「すっぴんでおでかけしましょ」のキャッチフレーズでおなじみのスキンケアメーカーです。

 

 

あきゅらいずは、「泡石(ほうせき)」、「優すくらぶ」、「秀くりーむ」など商品のネーミングが一風変わっていることでも有名ですが、

 

「あきゅらいず」という社名の意味は何なのだろう?とふと疑問がわいてきたりしませんか?

 

あきゅらいずという言葉は今まで聞いたこともないし、何かの意味を込めた造語のようにも聞こえます。

 

公式サイトをざーっと見てみたのですが、社名の由来を見つける事ができませんでした。

 

気になったので、あきゅらいずという社名の意味について調べてみる事にしました!

 

あきゅらいず 一体意味は何?

 

あきゅらいず社の社名について調べてみたところ、あきゅらいず・社長 南沢典子さんのインタビューが掲載された記事がヒットしました。

 

こちらの記事は、あきゅらいず社がまだ目黒にオフィスを構え「あきゅらいず美養品」と名乗っていた2008年に作成されたものですが、あきゅらいずの社名について社長の口から説明されていました。

 

 答えを先に言ってしまうと、「あきゅらいず」という社名は、「原点回帰」を意味する言葉なのだそうですよ。

 

原点回帰の想いを社名に込めた南沢社長のコメントを、原文のままご紹介しますね。

 

(あきゅらいずは、)『「akyrise」と表記するのですが、アルファベットの始まりの「A」は原点を意味します。

 

それが「rise(たちのぼる)」という原点に立ち返り、美を養う品を提供するという意味です。

 

物事はいつもシンプルで、必ず原点があります。

 

複雑に考えると、伝わりにくいのですが、尾ひれを取り除くと、本質は一つです。

 

シンプルに暮らす事に贅沢感を味わえるようでないと、本物ではないと思います。』

 


画像引用元

 

 南沢社長の説明では、あきゅらいずのあ(a)は「原点」、らいずはriseという英単語から来ている事が分かりますね。

 

スペルで見て行くと、「ky」の部分の説明がないのですが、きっと南沢社長の中では個人的に意味のあるアルファベットなのか、「あ」と「らいず」の間に心地よく響く音を入れたのか真意は分かりません。

 

南沢社長のコメントはちょっと抽象的な感じがしますが、Simple is best、原点に立ち返ることの大切さみたいなことをおっしゃられているのではないかな〜と個人的には思いました。

 

一般的にも、シンプルに作られた物ほど品質や技術力が問われたり、ごまかしがきかない、というような事が言われたりしますよね。

 

料理の世界で言うと、塩むすびやシンプルな卵焼きが実は一番難しい、みたいな感覚に近いでしょうか?

 

 

あきゅらいずは、美しい素肌を養う為に、お肌が必要としている保湿成分(和漢ハーブエキスなど)をたっぷり配合し、使うアイテムは3アイテムだけという”ぜいたくなシンプル”を提唱しています。

 

他にも、植物由来成分が主原料というフェイスパウダーや優しい成分にこだわった日焼け止めや歯みがき粉などを発売していることから、品質についてはかなり重視した商品づくりをしていると言えます。

 

(その分、お値段が高めという声もあるのですが、お肌の健康やナチュラルさを第一に考えるユーザーからはかなり厚い支持を受けているのも事実でしょう。)

 

「原点回帰」や「シンプル」という言葉を思い浮かべながらあきゅらいず社の製品を眺めてみると、「ふーん、なるほどね」と思えてきたりするので、社名に対する想いはそのまま商品づくりにも投影されているんじゃないかと思います。

 

あきゅらいず社からは、今後どんな「シンプルな贅沢品」が発売されるのか、社名のコンセプトを知った今となっては益々楽しみと言えますね!

 

▼シンプルな贅沢を体験できる基礎化粧品 あきゅらいず きほんのセレクト 口コミ