「50代」あきゅらいずの口コミから分かる高評価アイテムとは?

あきゅらいず 50代の口コミについて

あきゅらいず・きほんのセレクトは、シンプルな3ステップでお手入れが完成する基礎化粧品です。

 

 

あきゅらいずの広告には50代のすっぴん美人さんが紹介されていることもあり、同世代ユーザーの支持も高いようなのですが、

 

  • 50代の方がどういう口コミをしているのか?
  •  

  • 実際にはどのアイテムに満足しているのか?

 

こういった事が気になってきますよね?

 

50代と言えば、シワ、シミ、乾燥やたるみと言ったエイジングケアが中心となってきていると思います。

 

また、そのような肌悩みにあきゅらいずがどんな効果をもたらしてくれるのかをハッキリと確かめておきたいところです。

 

 このページでは50代の口コミから、50代ユーザーの素直な感想や、高い評価を得ているアイテムについて紹介していきたいと思います。

 

あきゅらいずの使い方に関わる内容もありますので、どうぞご覧ください♪

 

あきゅらいず 50代ユーザー 口コミまとめ

 

 

社長さんのすっぴん写真に衝撃を受け、あきゅらいずをお試ししてみました。

 

秀くりーむは、乾き始めた時にこすってしまうとモロモロが出ます。

 

私(50代)はこれだけでは乾燥してしまうので、オイルなどをプラスした方がいいです。

 

 

秀くりーむは、刺激を感じずに安心して使えるクリームです。

 

ただ、真冬や乾燥肌の人には物足りなく感じるかも…

 

 

今からでもすっぴんになりたいという思いであきゅらいずをお試ししてみました。

 

優すくらぶのハッカはジンジンとスース−が強烈でした。

 

二度と使う気が起きず、返品しました。

 

(返品の対応は良かったです。)

 

 

調べてみた所、あきゅらいず・50代の評価が低かった口コミは、上でご紹介した3点でした。

 

アイテムで見てみると、「秀くりーむ」と「優すくらぶのハッカ」に悪評が集中していますね。

 

特に、秀くりーむは全ての年代の評価と比べて、50代の評価が低く、「潤いの物足りなさ」が悪い評価の主な理由の様でした。

 

すっぴん美肌が気になってあきゅらいずをお試ししているのに、不快な思いをしてしまったらやっぱり悲しくて返品もしたくなりますよね…

 

 

 

泡石せっけんの泡に魅せられて購入。

 

これまでの石鹸とは全然違う!と感動し、使い続けて1年になります。

 

泡石にしてから、肌の調子は安定しているし、洗い上がりにつっぱらないのが良いですね。

 

50代ですが、お肌のトーンも明るくなり、時々肌がキレイと褒められます。

 

 

通販のチラシであきゅらいずを初めて知りました。

 

試しに使ってみたら、泡石の泡って、本当にスゴイです!

 

このねばりけのある泡が、しっかり汚れをからめとり、しっとりスベスベ、ツルツルにしてくれるんです!

 

ザラツキが気になる人にお勧めですね。

 

 

肌の上に伸ばして洗い流すだけなので優すくらぶは手間なしで良いです。

 

使うと、洗顔後につけるクリームの浸透が全然違って、お肌がふっくら・しっとりしますよ!

 

 

優すくらぶのゼラニウムの香りが好きなので、お風呂の時間がリラックスタイムになっています。

 

初めて使った時は、ジンジンとした刺激に驚愕!

 

でもすぐに慣れたし、自分で触っても気持ちいい位ツルツルの肌になれるのが感動です。

 

 

50代の口コミだけを読んでみて気づいたのは、「泡石」と「優すくらぶのゼラニウム」には低い評価が見当たらないという事です。

 

これは個人的にもとてもビックリの事実でした。

 

どんなに話題のスキンケアでも、悪い評価は1つや2つあるのが普通だと思うんですよね。

 

泡石と優すくらぶの口コミをまとめてみると:

 

泡石せっけんは、洗い上がりのしっとり感に加え、『クレンジングができて便利』という実用性にも良い評価がついていました。

 

優すくらぶも、ツルぴかの肌に仕上がるだけでなく、ゼラニウムの香りに好印象を抱いている50代が多かったです。

 

50代は、他の年代と比べると口コミの数が少なめな傾向にあります。

 

(あきゅらいずは、どのアイテムの口コミも50代の方のものは10件位でした。)

 

これはあきゅらいずに限らず、他のスキンケアにも見られる事で、年代が上がると口コミを投稿する割合も減っていくようですね。

 

ネット上で確認できる50代の口コミは、全体数が少なめなので、貴重な意見として参考にしたい感じがしますね♪

 

 

あきゅらいず 50代ユーザーの口コミ まとめ

 

・優すくらぶ(ハッカ)は、そのクールすぎる刺激から最低の評価をした方が1名いらっしゃいました。

 

 満足度100%とは言えないアイテムですが、『夏にハッカの爽快感は必需品』という評価も出ている点はここで付け加えておきますね。

 

 

・秀くりーむは、潤い不足を挙げている方が少数ですが確かに見られました。

 

 あきゅらいず側では重ねづけの効果を強調しているような感じも見てとれますので、使用量が許容範囲ならやってみる価値はあると思います。

 

(人によっては2倍ぐらいの量で自分史上最高の肌を実感しているケースも実際にあるのですが、コスパにも影響してきますのでココでは強くはおススメしていません。)

 

 人により、秀くりーむの前に化粧水を使って効果を実感しているケースもありますので、お手持ちの物でちょっと工夫してみると違いが感じられるかもしれません。

 

また、あきゅらいずの「すきんおいる」を秀くりーむに混ぜて使ったり、秀くりーむの後に塗って潤い度をアップさせているユーザーさんもいらっしゃいます。

 

 

ホホバ種子油や植物性のスクワランが主原料の「すきんおいる」。

 

自然派志向のあきゅらいずユーザーから高い支持を得ているようです。

 

 

 

・泡石優すくらぶ(ゼラニウム) 50代の満足度はかなり高い傾向にありました。

 

 どちらも洗い流してしまうアイテムではありますが、成分がかなりリッチなんですよね。

 

 

 泡石せっけんには和漢ハーブエキス(草根木皮たまり)の他に、

 

・セラミド3種
・スクワラン
・アロエベラエキスなどが配合されています。

 

優すくらぶには、和漢ハーブエキスの他に、

 

・ヨクイニン(ハトムギ)
・スイゼンジノリ(保水力がヒアルロン酸の5倍以上)
・オリーブ油やハチミツなどが配合されています。

 

 

和漢ハーブエキス自体が、保湿に深く関連した植物ばかりで出来ていてかなり贅沢と言えます。

 

それに加えて上に挙げたようなリッチな配合となっているので、この辺が高い評価につながっているのではないかと思います。

 

 

年齢と共にお肌は乾燥に傾き、お肌細胞の生まれ変わりもどんどんと時間がかかるようになるそうです。

 

 そこから色々な肌悩み(シワ・シミ・くすみ・たるみなど)が派生しているのが50代と言えるでしょう。

 

名だたる美容成分は一通り試した、という50代の方も少なくないと思いますが、

 

50代の肌にこれまでと違う美容成分が欲しい」という方に、あきゅらいずの和漢ハーブエキス・草根木皮たまりはお試しの価値アリと言えると思います。

 

 

あきゅらいずでのお手入れを続け、50代ですっぴんデビューした方も実際にいらっしゃるんですが、本当に透き通るように白くてきれいな肌をされてます。

 

一般の方なのでここでお顔の画像を掲載するのは控えますが、肌がキレイだと見た目もすごくお若く見えるんですよね。

 

 

いつでも美しくありたいのは、女性であれば年代は関係ありません。

 

あきゅらいずを知ったのも何かのご縁と思って、まずはお試ししてみても良いのではないかと思いますよ♪